英語の必要性

東京とか都会にいると英語の必要性を感じることがあるんですよね。

東京とか大阪や名古屋に行くと外国人の方をよく見かけます。10年前と比べると比較にならないほど増えましたよね。日本で働く人は元より、観光で日本にくる外国人も増えましたよね。そういう状況を目の当たりにすると将来子供達が仕事を始める時に英語ができなければ、就職が難しいのではないかと思えてきます。

 

今は中小企業でさえ、賃金の安い海外で工場を構えているくらいです。そして、日本のアパレルや外食産業も海外進出しています。英語や第2外国語が必須な時代になりつつあります。

 

英語が話せなくても、就職ができると思うのですが、就職氷河期真っ只中ですよね。何か武器を持って就職戦線に行かなければ、自分の思う仕事に就けないかもしれません。

 

 

また、結婚して子育ても一段落して、また再就職という時、英語はとてつもない武器になります。就職条件に「TOEIC○○点以上」とか「英語が話せること」という記載のあることがあります。

 

今は、特に都会に行けば英語は絶対に必要と思えるけれど、これから10年また環境が変わっていくかもしれません。
今のうちにtoeic教材で英語を勉強しておいて損はないと思うんですけどね。

関連ページ

リスニングの無料のサイト
リスニング向上を目的とした無料のウェブサイトもあるんだね。でも、どうやって運営して資金とかどうするんだろう?
映画で英語
子供ができてからは映画を見る機会が少なくなってきていますね。
大人味のお菓子
なんか甘いお菓子ばっかりだと飽きるよね。そこで大人味のちょっと変わった味のお菓子も食べてみていなって。
お金が無いとき
そろそろ夏を迎える季節になって来ましたね!
お家で4種類の脱毛方法を試してみた結果。
昔から悩み続けている事の1つが毛深い事です。 お金の事や時間の事を考えると脱毛サロンにも行けず、ずっと自分でムダ毛処理をしてきました。
やせてモテる服をカッコよく着こなしたい!
とにかくお腹を凹ませたい。何とかしてほしいって自分で何とかしないとダメだよね。運動もしなければ食事制限もしていない。これじゃ痩せるわけないよね。
ムダ毛処理のし過ぎには注意したいです
私は男性よりもムダ毛が多くてとても困っています。こんなにもムダ毛が多くて、何度も両親を恨んだものです。そして人に見られないようにしてきました。
フール―で「桐島、部活やめるってよ」を見て青春を感じる
桐島、部活やめるってよ、は少し珍しいタイプの邦画ですが、深い所まで考える事が出来る好きな作品です。始めて見たのはフール―のネットでの配信でしたが、何度も繰り返し見てしまいました。